堀内実容疑者顔画像は?SNSや罰則、経歴は?1万円札模造し逮捕!拾う人見て楽しんでいた?!

お金

山梨県で、1万円札をコピー機で複写していた男が逮捕されました。

通貨及証券模造取締法違反容疑で逮捕されたのは、堀内実容疑者です。

堀内容疑者の顔画像や動機、事件の詳細について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

お金

5月27日、山梨県で、1万円札をカラーコピー機で複写したとして男が逮捕されるという事件が起こりました。

通貨及証券模造取締法違反容疑で逮捕されたのは、堀内実容疑者(45)です。

事件の詳細はこちら▼

1万円札をカラーコピー機で複写したとして、山梨県警捜査2課と富士吉田署は27日、同県富士河口湖町勝山の無職、堀内実容疑者(45)を通貨及証券模造取締法違反容疑で逮捕した。堀内容疑者は模造紙幣を路上に置いたといい、「拾う人を見て楽しんでいた」と供述しているという。

逮捕容疑は昨年12月中旬ごろ、自宅で1万円札をカラーコピー機で複写するなどして模造紙幣1枚を製造したとしている。

捜査2課によると、同町内では昨年5月以降、路上や駐車場などで二十数枚の1万円札の模造紙幣が相次いで見つかっている。模造紙幣は透かしが入っていなく、複写した紙幣の表と裏が貼り合わせられていたという。【井川諒太郎】

引用:毎日新聞

コピー機で1万円札をコピーし、模造していたようですね。

拾った人は、模造されたものだと気付かなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事件を起こした動機は?

ダメージ

堀内容疑者は、警察の調べに対し、

「拾う人を見て楽しんでいた」

引用:毎日新聞

と供述しています。

軽いでき心や、いたづらの気分だったのかもしれませんね。

しかし、紙幣や硬貨の偽造は法律で禁止されている行為です。

絶対にしてはいけません。

 

堀内実容疑者顔画像は?

?

堀内容疑者の顔画像は現在公開されていませんでした。

情報が入り次第記事を更新します。

また、SNSも個人を特定できませんでした。

facebook検索結果堀内実

堀内実容疑者プロフィール

名前:堀内実(ほりうちみのる)

年齢:45歳

職業:無職

容疑:通貨及証券模造取締法違反容疑

経歴:不明

 

スポンサーリンク

 

事件が起こった場所

お金

堀内容疑者が偽1万円札を置いた路上は、山梨県富士河口湖町勝山の路上です。

この付近からは、昨年5月以降、路上や駐車場などで二十数枚の1万円札の模造紙幣が相次いで見つかっているようです。

 

通貨及証券模造取締法違反罰則は?

ダメージ

セラミックス産業労働組合連合会によりますと、

「通貨の模造」は「貨幣、紙幣、銀行券に紛らわしい外観を有するものを製造する」場合であり、1月以上3年以下の禁固か1~2万円の罰金に処せられます。従って、「行使の目的」は問題になっていません。たとえ使用するつもりがなくても、模造取締法には違反することになります。
なお、「紛らわしい外観」とは、偽造の程度より広く解されますので、たとえ一見すれば本物とは違うと分かる程度であっても罪になります。

引用:セラミックス産業労働組合連合会

1か月以上3年以下の禁固か、1~2万円の罰金に処せられるということが分かりました。

通貨及証券模造取締法とは?

通貨及証券模造取締法(つうかおよびしょうけんもぞうとりしまりほう、明治28年4月5日法律第28号)は日本法律。通貨または国公債証券の模造品の製造・販売を取り締まることを目的とする。なお、刑法施行法(明治41年法律第29号)19条1項・2条により本法2条の「重禁錮」は「懲役」に改められ、同法19条2項により本法2条の「五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス」の部分は廃止されている。また、本法4条の「明治九年布告第五十七号」とは、贋造金銀銅貨紙幣等取扱規則(明治9年太政官布告第57号)を指すが、同布告は、明治二年四月二十八日行政官達五等官以上出京ノトキ届出ノ件外二十三件廃止ノ件(大正9年勅令第184号)により廃止されている。

引用:weblio

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、堀内容疑者の起こした事件についてまとめてみました。

「拾う人を見て楽しんでいた」という遊び心だけでは済まされないことになりました。

しっかりと反省してほしいものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です