伊藤勝利 顔画像は?4台に追突!愛車のベンツがボコボコに!?東北放送専任部長逮捕

ニュース

東北放送の専任部長が酒気帯び運転で、車4台が絡む事故を起こし逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、東北放送制作技術部の専任部長伊藤勝利容疑者(56)です。

伊藤容疑者からは基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたということです。

伊藤容疑者の顔画像や事故の詳細について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

事故/事件の概要

ニュース

引用KHB

東北放送の専任部長が酒気帯び運転で、車4台が絡む事故を起こし逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、東北放送制作技術部の専任部長伊藤勝利容疑者(56)です。

伊藤容疑者からは基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたということです。

この事故で、伊藤容疑者に追突されたバスの運転手が、腰に軽い怪我を負いました。

伊藤容疑者は容疑を認めています。

事件の詳細はこちら▼

東北放送の専任部長の男が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。当初は、容疑を否認していましたが「事故を起こす前にも酒を飲んだ」などと供述し容疑を認めたということです。現行犯逮捕されたのは、東北放送制作技術部の専任部長伊藤勝利容疑者(56)です。警察によりますと伊藤容疑者は7日午後4時すぎ、仙台市青葉区上杉の県道で酒を飲んだ状態で車を運転したとして酒気帯び運転の疑いが持たれています。伊藤容疑者が運転していた車は回送中の路線バスや乗用車など4台に衝突しバスの運転手が腰に軽いけがをしました。伊藤容疑者から酒のにおいがしたため警察官が検査したところ基準値の4倍以上のアルコールが検出されたということです。当初、伊藤容疑者は「朝4時まで酒を飲んだが、アルコールは抜けていると思った。飲酒運転は否認する」と供述していましたが、その後の警察の調べに対し「事故を起こす前にも酒を飲んだ」などと供述し容疑を認めたということです。東北放送は、「誠に遺憾事実関係を確認の上で厳正に対処するとともに再発防止に努めます」とコメントをだしました。東北放送では、2018年11月にも社員が飲酒運転の疑いで現行犯逮捕されています。

引用KHB

また飲酒運転が原因の事故が起きてしまいました。

自分は大丈夫と過信していたのでしょうか。

また、初めは容疑を否認していたようです。

今回、死亡事故は起きませんでしたが、車・バス4台がからむ大事故となっています。

一歩間違えば、もっと恐ろしい結果になりかねません。

 

伊藤勝利容疑者顔画像・プロフィール

ニュース

引用KHB

伊藤容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

情報が入り次第記事を更新します。

伊藤容疑者プロフィール

名前:伊藤勝利

年齢:56歳

職業:東北放送制作技術部の専任部長

在住:宮城県名取市

容疑:酒気帯び運転の疑い

家族:不明

SNS:特定不可

伊藤容疑者は、東北放送制作技術部の専任部長という上の立場で働いていました。

上の人間がこのようなことをしてしまうと、会社への信頼も失われてしまうかもしれませんし、部下に示しもつきませんよね。

 

スポンサーリンク

 

○○百万の愛車・ベンツがボコボコに!?

ベンツ

引用:カーセンサー

伊藤容疑者が事故を起こた当時乗っていいたのは、あのドイツの超高級車「メルセデス・ベンツ」です。

ベンツ・SLKクラスの車で、値段は約570.0 〜 754.0 万円だと予想されます。

さすが専任部長というだけ、いい車に乗っていますね。

今回の事故で、ボコボコにつぶれてしまい残念です。

 

基準値の4倍のアルコールが検出?

ニュース

引用KHB

警察が、伊藤容疑者から酒のにおいを感じ検査したところ、通常の4倍のアルコールが検出されたということです。

また、事故を起こす前にもお酒を飲んでいたようです。

こんな状態で運転するなんて恐ろしいです。

「飲んだら乗るな」ですね。

 

スポンサーリンク

 

事故の被害がヤバい!?

ニュース

引用KHB

伊藤容疑者は、仙台市青葉区内の県道で酒を飲んだ上で車を運転し事故を起こしました。

県道を走っていたタクシーに衝突した後、対向車線にはみ出し、路線バスに衝突したようです。

この事故で、路線バスの運転手が腰に軽いけがを負いました。

自分の車だけでなく、他者の車やバス、人まで負傷し大変な事態です。

 

ネットの反応

ヤフーニュースでは以下のようなコメントが見られました。

・56歳、地位も名誉もある立場の人間が最悪な事を知ってやった。飲酒運転だけは確信犯だから、タチが悪い。
もっと厳罰化して欲しい。例えば飲酒運転だけで検挙されても実刑確実とか。更には罰金100万円も同時に課す。とか。
確信犯だから余計に厳罰化しなきゃならないのでは?

・あれほど飲酒運転で甚大な被害を出し、罪もない人をあの世へ送った凶器と化した車になるため、厳罰化されてそれを報道する立場の者が、何故飲酒運転を設置するのか、その心理が分からない。
ベンツに乗れるほど高給取りなんだから、代行に頼むから、初めからタクシーで行けばいいはず。

・放送する側がされる側へ。

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

これだけ飲酒運転で重大な事故が起きている世の中ですが、このような事件はなかなかなくなりませんね。

他人ごとではない問題です。

「飲んだら乗るな」を徹底しなければいけません。

伊藤容疑者にはしっかりと反省してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です