笠原元輝完全食とは?食べるのを辞めた東大卒エリートサラリーマンの生活がヤバイ?

男

東大卒のエリートサラリーマン・笠原元輝さんは、私達人間が生きていく上で欠かせない「食事」を辞めるという生活スタイルを送っています。

しかし、病気や空腹間もなく1年間もの間健康的に生きています。

一体何を口にして生き延びてるのか、また、効率と結果を追い求めた驚愕の生活スタイルについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

「食事」を辞めた東大卒エリートサラリーマン

man

引用:Linkedin

東大卒のエリートサラリーマン・笠原元輝さん(30)は、私達人間が生きていく上で欠かせない「食事」をしていないそうです。

しかし、病気や空腹間もなく1年間もの間健康的に生きています

食事抜きで、超ハードな仕事をこなし、さらに超健康体というとても驚くライフスタイルをされています。

食事の時間が唯一の幸せ、美味しい物を求めて旅をする人もいる世の中です。

一体なぜ食事をしない生活をしているのでしょうか。

 

なぜ「食事」を辞めたのか

?

「食事=大便」

これが笠原さんが食事を辞めた理由だそうです。

笠原さんは、東京大学を卒業後、大手IT企業に就職し多忙を極める毎日を送っていました。

そんな中、効率を求めてたどり着いたのが「食事をやめるという生活スタイル」だったそうです。

食事にお金を使うということは、いくらでうんこを買っているのかという話になる。”おいしい”と思う感情もあるが、限られた予算の中で、ひとときの感情のために使いたくはない。もっと有益なことにお金を使いたい

引用:AbemaTimes

そして、食事は無駄だと考えました。

「食事=大便」

これが笠原さんの食事をやめる生活スタイルを選んだ理由でした。

 

スポンサーリンク

 

本当に一切食事はしないの?

食事

笠原さんは、食事をする代わりに「完全食」を摂取する生活を送っているようです。

1年間もの間私達が生活の一部としてする「食事」をせずに、この「完全食」のみを摂取して健康面に異常をきたさず完璧なライフスタイルを送っています。

 

「完全食」とは?

ペン

「完全食」とは、1日に必要な栄養素が入っている粉末(健康維持のために必要な栄養をすべて含んだ食品)です。

これを1日3回、水に溶かして飲むそうです。

1食あたりの食事時間はわずか12秒

超時短で効率がいいですね。

時短目的の人には「COMP」や「Huel」、食事として楽しみたい人には「ベースフード株式会社」が手掛けた商品があるそうです。

 

「完全食」摂取メリットは?

完全食

引用:AbemaTimes

笠原さんは、この「完全食摂取生活」を1年間経験し、以下のようなメリットをあげています。

1.1食12秒なので、自分のしたい事に時間を割ける。

2.腹持ちするのでお腹が減らない

3.アゴが細くなる

4.栄養十分

5.健康面に異常なし(痩せない・風邪ひかない)

6.十分生きていける

究極の効率化を求めた結果ですね。

「完全食」素晴らしいです。

「完全食」は、最近注目を集めており、海外の多忙を極めるビジネスマンからの需要があるようです。

また、笠原さんの完全食は粉末状ですが、最近ではパン・パスタ・グミ・ドリンクなどの完全食も開発されているようです。

栄養バランスが十分に取れる点、水で薄めて簡単に摂取できるという点を活かし、発展途上国の子供達への食事などにも応用できそうです。

 

スポンサーリンク

 

笠原さんのライフスタイル!

男

引用:AbemaTimes

笠原さんのライフスタイルは「やりたいことをやるために、効率と結果を意識」したものでした。

・食事:「完全食」摂取(一食12秒)

・睡眠:6時間

・勉強が楽しみ

・デートの時は出されたものを食べる

・やりたいことをやりまくる

・全て合理化

・写真は無駄

・母親の手料理も無駄

・生産性のないものは無駄

・彼女いる

・友達との語らいも無駄

また、

「食事に関しては過去を振り返っても無駄だとしか思わない。合理化することで、やりたいことだけができるようになる」

引用:AbemaTimes

と話していました。

さすがの笠原さんでも、デートの時は出されたものを食べるようです。

「効率・結果・生産性・合理化」

スーパービジーサラリーマンの最強生活キーワードかもしれません。

 

ネットの反応

・別にこの方のなされていることを
否定するつもりはありません。

ありませんが、
「噛むのを止めたから、顎が細くなってきた。」
の部分が気になります。

基本的に、
噛むというのは大事なことであり、
歯を健康的に維持するのに
密接な関係があります。

このままでは
彼は年を重ねてくるにつれて
顎の筋肉が衰え、
歯もなくなってくる恐れが
高いです。

そのリスクを彼が承知しているなら
何もいいませんが、
他の方がこれをそのまま真似されるならば
上のリスクは踏まえたほうが
よろしいです。

・自分に合っているのであれば、好きなようにやれば良い。

合うか合わないかでいうと、極小数派の食習慣だろう、何よりご本人の容姿が健康的ではない。

その食習慣で健康的に見えなければ、広がらない。

引用:Yahoo!ニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、笠原さんの「完全食」と「ライフスタイル」についてまとめてみました。

食が楽しみな方にとっては信じがたい食生活かもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です