負けは認めない?能年玲奈(のん)元所属事務所、名誉毀損訴え文春を660万円で勝訴!

non

俳優の能年玲奈(のん)さんの元所属芸能事務所が、週刊文春を名誉棄損を訴え、660万円を勝訴しました。

能年玲奈さんは、2013年のドラマでブレイク後、メディアから姿を消していましたが、2016年「のん」という芸名で芸能界に復活しています。

今回の勝訴や、のんさんの活動状況について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

「のん」元所属事務所、文春を660万円で勝訴!

おけ

俳優能年玲奈さんの元所属事務所「レプロエンタテイメント」が、事実性のない内容を書かれ、週刊文集の記事を名誉毀損で訴えた裁判で、東京地裁が文藝春秋に660万円の支払いを命じました

詳しい内容はこちら▼

週刊誌の記事による名誉毀損(きそん)を訴えた裁判で、東京地裁が、文藝春秋に660万円の支払いを命じた。

これは、俳優「のん」さんをめぐる週刊文春の記事で、元所属事務所が名誉を毀損されたと主張した裁判で、東京地裁は「事務所が理由もなく、仕事を入れないようにしていたという内容は真実性がない」などとし、文藝春秋に対し660万の支払いを命じた。

引用:FNN

のんさん元所属事務所は、タレントの扱い方で度々問題視されていましたが、今回の裁判・勝訴も大きな反響を呼んでいます。

のんさんは、2013年のドラマ「あまちゃん」で大ブレイクしたあとメディアから姿を消していました。

そのことに関して、週刊文春が事務所との関係に関する内容を掲載した記事が問題となったようです。

 

スポンサーリンク

 

週刊文春が書いた名誉毀損内容とは?

ダメージ

問題になっていたのは週刊文春の、『週刊文春』(2015年5月7・14日号)「衝撃スクープ 国民的アイドル女優はなぜ消えたのか? 能年玲奈本誌直撃に悲痛な叫び『私は仕事がしたい』」の記事です。

この記事の中で、「のんさんの元所属事務所は理由もなく、仕事を入れないようにしていた」というような内容を書かれ、名誉を傷つけたとされています。

東京地裁は

「事務所が理由もなく、仕事を入れないようにしていたという内容は真実性がない」

引用:FNN

として、文藝春秋に660万円の支払いを命じました。

また、週刊文春側は、元所属事務所の訴えに対しては、

本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています。当時21歳だった彼女は、所属事務所レプロエンタテインメントおよび本間憲社長との関係が悪化し、仕事を入れてもらえず、メディアから姿を消しました。記事で掲載した『私は仕事がしたいです』との言葉は、21歳の女優の切実な叫びに他なりません。

引用:文春オンライン

と話していました。

 

能年玲奈は、なぜメディアから姿を消していた?

?

俳優能年玲奈さんは、2013年ドラマ「あまちゃん」などで大ブレイク後、メディアからほぼ姿を消していました

「干されていた」という話もあります。姿を消した理由について調査しました。

事務所との関係悪化「信頼できないタレントに仕事はいれられない」

能年玲奈さんは、事務所契約満了に伴い、「事務所を辞めたい」と主張していました。

また、この時期も能年さんには、数々のオファーが殺到していたらしいですが、事務所側は、能年さんの「事務所を辞めたい」という主張から、「事務所との信頼関係がないタレントに仕事をいれることはできない」と考え、能年さんに仕事をいれなかったようです。

事務所は、能年さんとの信頼関係の再構築を優先するべきだと考えていました。

しかし、これに能年さんがのってこなかったと関係者は話しています。

他にも、様々な内容がネット上に溢れていましたが、やはり強いのは「事務所との契約悪化」でしょう。

タレントに仕事を与えるのも、与えないのもすべて事務所ですから。

 

スポンサーリンク

 

「のん」として芸能界復活!

マイク

「能年玲奈」という本名を改名2016年7月に芸名「のん」として独立。

芸能活動を再開しました。

写真集発売・CDデビュー・ライブツアー・モデル・俳優業・アートなどその活動の幅は広く、これからも様々な場面で活躍が期待されています。

これからは、メディアなどで見る機会が増えそうで嬉しいですね。

▼こちら▼「のんさんオフィシャルウェブサイト」で詳しい活動予定・内容などが掲載されているので参考にしてみてください。

のん

引用:NONOFFICIALWEBSITE

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回、のんさん元所属事務所の勝訴や、のんさんの活動状況についてまとめてみました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です