向井陸翔容疑者顔画像や会社は?夜通し飲酒+居眠り運転で追突事死亡故起こす?!大阪・錦織北追突事故!

闇

6月9日朝、大阪府の国道で、乗用車が軽乗用車に追突し、追突された車の運転手が死亡するという事故が起きました。

死亡したのは、丸尾景造さん(34)です。

警察は、乗用車を運転していた向井陸翔容疑者(22)を逮捕しました。

向井容疑者は、夜通し飲酒をしていたようです。

向井容疑者の顔画像や事故の詳細について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

事故の概要

パトカー

6月9日午前6時5分ごろ、大阪府の国道で、乗用車が軽乗用車に追突し、追突された車の運転手が車外に投げ出され死亡するという事故が起きました。

死亡したのは、会社員の丸尾景造さん(34)です。

警察は、乗用車を運転していた向井陸翔容疑者(22)を自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で逮捕しました。

向井容疑者は、夜通し飲酒をしていたようで、警察は危険運転致死の疑いも視野に捜査している

事故の詳細はこちら▼

9日午前6時5分ごろ、大阪府富田林市錦織北の国道で、乗用車が軽乗用車に追突。軽乗用車は横転し、運転していた和歌山県橋本市の会社員、丸尾景造さん(34)が車外に投げ出され、頭などを強く打って死亡した。

大阪府警富田林署は同日夜、自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、乗用車を運転していた同府河内長野市荘園町の自営業、向井陸翔容疑者(22)を逮捕。「酒を飲んでいて寝不足もあったのでうとうとしていた」と供述しており、同署は危険運転致死の疑いも視野に捜査している。

同署によると、現場は片側2車線の直線道路。向井容疑者は一緒に酒を飲むなどしていた友人2人を車で自宅まで送る途中、丸尾さんの軽乗用車に追突した。向井容疑者は8日夕から、友人らと夜通し酒を飲むなどしていたとみられる。この事故で向井容疑者の友人2人も重軽傷を負った。

引用:産経新聞

また、飲酒運転がからむ死亡事故が起きてしまいました。

同乗していた向井容疑者の友人らも重軽傷を負ったようです。

「飲んだらのむな。」はいつになったらしっかりと守られるのでしょう。

 

事故の原因は?

?

事故の原因は、飲酒運転+居眠り運転のようです。

向井容疑者は、警察の調べに対し

「酒を飲んでいて寝不足もあったのでうとうとしていた」

引用:産経新聞

と供述し、容疑を認めています。

夜通し酒を飲み、そのまま一緒に飲んでいた友人を自宅に送る途中で事故が起きています。

明らかに飲酒運転です。

また、寝不足から「うとうとしていた」ようなので、居眠り運転も事故の原因だと考えられます。

 

スポンサーリンク

 

向井陸翔容疑者顔画像は?

omg

向井容疑者の顔画像は現在公開されていませんでした。

情報が入り次第記事を更新します。

向井陸翔容疑者プロフィール

名前:向井陸翔

年齢:22歳

職業:自営業

在住:大阪府河内長野市荘園町

容疑:自動車運転処罰法違反(過失致死)

   危険運転致死の疑い(調査中)

22歳で自営業とは、すごいですよね。

しかし、今回の事故で出る損害はとても大きいと思います。

自営業とは、仕事のほとんど家族や親族でやっており、株式会社や有限会社でなく屋号で経営している。

引用:OTEKOMACHI

 

向井陸翔自営業内容は?

会議

向井容疑者の自営業内容は調べましたがわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

今回の追突事故での被害は?

ダメージ

今回の追突事故により、

1名死亡丸尾景造さん(車外に投げ飛ばされ、頭などを強く打ち死亡)

2名重軽傷:向井容疑者友人2人

という被害が起きています。

向井容疑者の容態については報道されていませんでした。

楽しい飲みの席のあとに、まさかこのような死亡事故を起こしてしまうとは思いもしなかったことでしょう。

 

事故が起きた場所

追突事故が起きたのは大阪府富田林市錦織北の国道です。

詳しい場所はこちら▼

 

ネットの反応

ネットでは以下のような反応が見られました。

夜通し飲酒し、睡眠不足で運転をしたら当然こういう結果になる。
こんなことを成人した人間がすることではないだろう。
小学生でも分かる。
亡くなった方とご遺族が気の毒すぎる。

 

警察官も人数に限りがあって大変だとは思うけど、もっともっと厳しく飲酒の取締りをやらないといけない。
それでも飲酒運転をする奴は無くならないんだろうけど。

 

エンジンがかからないようなシステムができないのが、飲酒が運転手なのか同乗者なのかの判断が難しいためなのであれば、酒気を関知した場合、せめて警告ランプが点くとかピーピー警報が鳴り響くとかして外部から判別できるようにするとかできないものか。警察が停止を求めてチェックし、運転手の呼気でないことが確認できればそのまま開放すればよいし、酒気が外部から分かるのであれば抑止に繋がると思う。

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、向井容疑者の起こした追突死亡事故についてまとめてみました。

こんなにたくさんの死亡事故が起きているにも関わらず、飲酒運転が後を絶ちません。

「自分は大丈夫」といった甘い気持ちを捨て、安全運転を徹底しなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です