能登谷嘉則容疑者顔画像や動機は?【自衛官不祥事】女性宅に侵入し下着盗む!

ニュース

陸上自衛官の男が、20代女性宅に下着を盗もうとして侵入し逮捕されました。

逮捕されたのは、能登谷嘉則容疑者です。

能登谷容疑者は何と出張先で犯行に及んだようです。

能登谷容疑者の顔画像や事件の詳細について調査しました。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

ニュース

引用:HTB

2019年1月31日午後3時ごろから翌日の午前2時ごろ、陸上自衛官の男が、20代女性宅に下着を盗もうとして侵入し逮捕されました。

逮捕されたのは、陸上自衛隊函館駐屯地・三等陸曹 能登谷嘉則容疑者(29)です。

被害女性と能登谷容疑者に面識はなかったようです。

容疑者は容疑を認めています

事件の詳細▼

北海道札幌市の20代の女性の自宅に下着を盗む目的で侵入したとして29歳の陸上自衛官の男が逮捕されました。

住居侵入の疑いで逮捕されたのは、陸上自衛隊函館駐屯地の三等陸曹 能登谷嘉則容疑者(29)です。

能登谷容疑者は2019年1月31日午後3時ごろから翌日の午前2時ごろにかけて、札幌市南区の20代女性の自宅に侵入した疑いが持たれています。

警察によりますと、当時能登谷容疑者は仕事で札幌市南区の真駒内駐屯地を訪れていて、女性と面識はなかったということです。

女性の自宅からは下着が無くなっていて、部屋には靴の足跡が残っていました。警察が付近の防犯カメラの映像などを解析し、能登谷容疑者の関与が浮上しました。

調べに対し能登谷容疑者は「下着を盗む目的で部屋に侵入した」と容疑を認めているということです。

引用:HTB

被害にあった女性は本当に嫌な思いをしたことでしょう。

能登谷容疑者は出張先で犯行に及んでいたようです。

自衛隊だからどうこうという前に、一人の人間としてこのような犯罪を犯してはいけませんよね。

 

能登谷容疑者顔画像・プロフィール

男

能登谷容疑者の顔画像は現在公開されていませんでした。

情報が入り次第記事を更新します。

能登谷嘉則容疑者プロフィール

名前:能登谷嘉則

年齢:29歳

職業:陸上自衛隊函館駐屯地・三等陸曹

容疑:住居侵入

SNS:特定不可

自衛隊という仕事は心身にかかる負担が大きく、とても大変な仕事です。

ストレスが溜まってしまっていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事件を起こした動機

逮捕

能登谷容疑者は警察の調べに対し

「下着を盗む目的で部屋に侵入した」

引用:HTB

と供述し、容疑を認めています。

出来心・性欲が抑えられず犯行に及んでしまったのでしょう。

事件を起こす前に、大人のお店に行くなど、対処することはできなかったのでしょうか。

 

事件が起きた場所

能登谷容疑者が侵入したのは、札幌市南区の20代女性が住むアパートの一室です。

詳しい場所はこちら▼

アパート名などの特定はできませんでした。

知らない男の人が自分の家に侵入し、下着を盗まれるというのは本当に怖いし、気持ち悪いと思います。

このような被害に合わない為にも、セキュリティを強化する必要がありそうです。

 

スポンサーリンク

 

なぜ能登谷容疑者の犯行だと発覚したの?

カメラ

警察が付近の防犯カメラの映像などを解析したところ、能登谷容疑者の関与が浮上したそうです。

防犯カメラは本当に事件解決への大きなカギですね。

防犯カメラが能登谷容疑者の様子を捉えていてよかったです。

 

ネットの反応

・氷河期に比べて入隊のハードルがかなり低くなってるのですかね。最近、素行不良が目立ってますね。

・多分余罪あるんだろうな。
普通は初犯なら干してある物盗む程度だと思う。家の中まで入るのは、これまでに相当繰り返して、精神的に犯罪のハードルが下がってないと出来ないだろう。

・仕方ないといえば仕方ないですよね。
他の公務員や一般企業だって、不祥事はありますし。
ただ、自衛隊にはいつも感謝しているので、ガッカリではあります。

・ご苦労様です
自衛隊の方は大変な業務で色々感謝です
パンティー泥棒は日本独特で海外には無い文化です
パンティーのどの部分にご興味があったんでしょうか?

・自衛官を強調しなくても。
あらゆる公務員、民間企業の社員、その他アルバイトに、至るまでそんなのばかり。
ほんの一部の人なんだけどね。
記事の書き方に問題があるのか?
自衛隊に限らず公務員に限らず採用する側に問題があるのか?
人間そのものが劣化しているのか?

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、能登谷容疑者の顔画像や事件の詳細をまとめました。

国民は自衛隊に感謝しているので、このような不祥事が起こってしまい、残念な気持ちになった方も多くいると思います。

しっかりと反省してほしいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です