大野二巳雄容疑者顔画像は?神戸市バス通行人次々はね2人死亡。一体何が?

パトカー

神戸市の市営バスが、歩行者に次々と接触し、8人が巻き込まれ内2人が死亡する事故が起きました。

この事件でバスを運転していた大野二巳雄容疑者が逮捕されました。

事故の詳細や、大野二巳雄容疑者について調査しました。

 

スポンサーリンク

事故の概要

パトカー

4月20日、午後兵庫県神戸市の市営バスが次々と歩行者をはね、2人が死亡し、6人が重軽傷を負う事故が起きました。

この事件を受けバスの運転手・大野二巳雄(おおのふみお)容疑者(64)が過失運転致死の現行犯逮捕されました。

死亡したのは大学生の柳井梨緒さん(20)とアルバイトの那須勇成さん(23)です。

重軽傷を負ったのは、20代の女性2人と、30代の男性1人、それに40代の女性2人と、50代の女性1人の合わせて6人です。

日曜日の午後ということで人通りも多かった繁華街は、一瞬にして泣き声や悲鳴などが響き渡り、一時騒然となりました。

事故の詳細▼

午後2時すぎ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の歩道で、市営バスが次々と歩行者に接触。
この事故で、20代の男性と20代の女性が死亡し、6人が重軽傷を負った。
現場の横断歩道は、バスの停留所のすぐ近くで、警察によると、停留所で客を降ろしたバスが急発進。
横断歩道を渡る歩行者をはねながら進み、中央分離帯に衝突して止まったという。

警察は、バスの運転手・大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の現行犯で逮捕。

警察は、大野容疑者がバスの操作ミスをした疑いもあるとみて、当時の状況などをくわしく調べている。
引用:FNN

休日のにぎやかな繁華街で恐ろしい事故が起きてしまいました。

安全第一であるのが市営バスであるはずです。

亡くなられた方に心よりお悔み申し上げます。

 

事故の原因

SOS

事故の原因についてはまだ明らかになっていませんでした。

大野容疑者は、

「ブレーキを踏んで発進準備をしている際に、バスが急発進した」

引用:FNN

と供述しています。

警察は、大野容疑者がバスの操作ミス(アクセルを踏みっぱなしにした)をした疑いがあるとみて、捜査を続けています。

また、車体のトラブルの可能性もあります。

詳しい原因が早く明らかになってほしいものです。

 

スポンサーリンク

 

目撃者の証言

ダメージ

事故当時、たくさんの目撃者がいました。

目撃者の証言を紹介します。

・「止まるかなと思ったら、そのままゆっくりなぎ倒していく感じで、目の前で5〜6人くらい巻き込まれていた感じはあった。だいたい10km/hくらい、20km/hは出ていないと思う」

・バスは目の前にあるバス停に止まったあと、信号が赤信号なのを無視して横断歩道に突っ込み、人を次々とはねてしまった

引用:FNN

 

・「4、5人が倒れ込んでいたように見えた。一瞬何が起きているのかわからず、とっさのことで声が出なかった。自分もあと一歩で巻き込まれていたと思うと、本当に怖い」

・帰宅途中の男子高校生(17)によると、事故はバスが停留所から発車した直後に起きたという。横断歩道の歩行者用の信号が青に変わり、人が一斉に渡っていたところに、バスが徐行するようなスピードで進入。人々をはねた後、JR三ノ宮駅の高架の柱にぶつかり停止した。

・「ギャー」という悲鳴が聞こえ、路上に女性2人が倒れていた。うち1人はうつぶせで周囲の人が声をかけても、反応がなかったという。バスの運転手が、慌てた様子で倒れた人に声をかけているのも目撃

・「いつも通学で使っているバスが、まさかこんな大きな事故を起こすと思わなかった。市バスは安全でないといけないと思う」

・「雷が落ちるような金属音を聞き、バスが前輪に自転車をはさみ引きずりながら向かってくるのを見た。」

・「バスの後ろには数人が倒れたままだった。運転手がぼうぜんとした表情で降りてきた」

引用:朝日新聞

目撃者は、いつもバスを利用する高校生や会社員の方など大勢の方がいました。

とても驚いたことでしょう。

事故現場

omg

事故が起こったのは、兵庫県神戸市JR三宮駅前です。

日曜日ということで人通りも多く、大変にぎわっていたようです。

目撃者も多く、精神的に傷を受けたことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

大野二巳雄容疑者顔画像は?

大野容疑者の顔画像はこちら▼

大野容疑者の勤務体制・仕事ぶりは?

おけ

大野容疑者の勤務

神戸市交通局のバスで、午前6時半ごろの便から勤務していたようです。

21日午後1時19分に神戸市北区の「神戸北町」停留所を出発し、直線距離で8キロ余り離れた「三宮駅ターミナル前」に向かっていました。

最後の便を運転した後に事故をおこしています。

勤務前には、アルコールチェックと、点呼で健康チェックも行なっていたそうです。

大野容疑者の仕事ぶり

昭和61年に入った超ベテランで、定年退職後再雇用されています。

普段から「お客さんを乗せているから神経を使っている。」と安全運転を徹底していました。

しかし、何回か小さな事故を起こしたことはあるようです。

プライベートでは事故を起こしたことはありませんでした。

また、業務前の飲酒なども業務に影響がないよう徹底していたようです。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

ペン

バスが突っ込んでくる時代だから、歩道であろうが、横断歩道であろうが、油断できないね。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 

原因は運転士なのか車体のトラブルなのかきちんと調べてほしいです。

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、大野二巳雄容疑者が起こしてしまった事故についてまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です