鈴木稔容疑者顔画像は?ストーカー「連続メール」「監禁&連れ回し」で逮捕される!

男

無職の男が元カノへの度重なるストーカーをした容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは、鈴木稔容疑者です。

鈴木容疑者の犯したストーカー行為や顔画像について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

逮捕

4月19日、群馬県の無職鈴木稔(すずきみのる)容疑者(40)が、ストーカー規正法違反の疑いで逮捕されました。

鈴木容疑者は、事前に警察から警告を受けていたにも関わらず、埼玉県北部に住む元交際相手の女性(20代)へ、複数回ストーカーをした疑いが持たれています。

鈴木容疑者は、容疑を認めているということです。

事件の詳細▼

埼玉県警は19日、ストーカー規制法違反の疑いで、群馬県太田市福沢町の無職、鈴木稔容疑者(40)を逮捕した。「別れることに納得がいかなかった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、4月9日から15日にかけて計21回、元交際相手で埼玉県北部に住む20代女性に「会って話がしたい」などと面会を迫る内容のショートメールを連続して送信したとしている。

同県警によると、16日午後5時40分ごろ、同県小川町で「ストーカーに追いかけられている」と被害女性から110番通報があり、小川署員が駆けつけたところ、現場に窓ガラスが割られた女性の車が残されていた。県警は女性が連れ去られたとみて捜査を始め、19日朝に千葉県神崎町大貫の学校を訪れた2人を確保した。女性にけがはなかった。県警は逮捕監禁の疑いなども視野に調べている

引用:産経新聞

ストーカー行為を受ける側は本当に恐ろしい体験をします。

心身ともに、病んでしまうこともあるでしょう。

ストーカーされた元交際相手の女性の命が無事で良かったです。

 

ストーカーをした動機

ダメージ

鈴木容疑者は、

「突然の別れに納得できなかった。」

引用:KYODO

と供述しているそうです。

元交際相手との、別れ方に問題があったようですね。

「納得できない」というモヤモヤ感・未練・好意などが強まり、ストーカー行為を繰り返してしまったのでしょう。

交際をしていて、もし別れるという選択をする時は、どちらか一方が「納得できない」別れ方をするのはなるべく避けた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

ストーカー内容

犯罪

監禁

鈴木容疑者は、4月16日から19にちにかけて元交際相手の女性を連れ回しました

その際、金属バットで女性の車の窓ガラスを割っています

元交際相手の女性は一時行方不明となりましたが、怪我はなかったようです。

女性は、連れ去られる前に警察へ

「ストーカーに追いかけられている」

引用:産経デジタル

と110番通報していたようです。

計21回のメール

鈴木容疑者は、4月9日から15日「会いたい」「話がしたい」といったような内容のショートメールを計21回送りました。

 

ストーカーをしている方は、自分がストーカーをしているという自覚があまりないこともあるようです。

一方で、ストーカーを受けた方は、毎日恐怖感に怯え心に傷を負います。

被害にあった20代の元交際相手の女性も、恐ろしい思いをしたに違いありません。

 

鈴木容疑者、警察に警告されていた?

警告

警察は、鈴木容疑者がストーカー行為を繰り返す前、鈴木容疑者が元交際相手に「別れたい」と言われ、元交際相手の家を訪れた時に事前に警告していました。

警告されていたにも関わらず、ストーカー行為に至ってしまったようですね。

感情を上手にコントロールすることはできなかったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

鈴木稔容疑者顔画像は?

男

調べてみたところ、鈴木稔容疑者の顔画像は報道されておらず、分かりませんでした。

新しい情報が入り次第、記事を更新します。

鈴木稔容疑者プルフィール

名前 鈴木稔
年齢 40
在住 群馬県太田市福沢町
職業 無職

ネットの反応

こういうのが一歩間違うと大変な事件に発展するんだよね

 

この手の事件が異常に増えた気がする。過去もあったのだろうけど。
怖さがあるのだろうけど、二十歳超えた女性だから、何かの機転がきかないものだろうか?自分の命と自分を守ることに。

 

初見の際ストーカー気質だと一目で分かる印があれば
男女共に助かるのだが…。

引用:Yahoo!ニュース

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回、鈴木稔容疑者がストーカー規正法違反で逮捕された事件についてまとめてみました。

被害を受けた元交際相手の女性の心は大丈夫でしょうか。

殺人事件などに発展せず良かったです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です