鈴木淳一容疑者顔画像は?改造銃の種類・改造術は?ワルサ-P38も所持!30年来の銃マニア、逮捕!

銃

鑑賞用の銃を、殺傷能力のある銃に加工し、自宅に7 丁所持していたとして、山形市の男が逮捕されました。

銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、山形市下条町の無職・鈴木淳一容疑者(55)です。

鈴木容疑者の顔画像や事件の詳細について詳しく調べました。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

ニュース

引用:関西テレビ

鑑賞用の銃を、殺傷能力のある銃に加工し、自宅に7 丁所持していたとして、山形市の男が逮捕されました。

銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、山形市下条町の無職・鈴木淳一容疑者(55)です。

鈴木容疑者は、他にも13丁の小銃を所持(計20丁)していた疑いが持たれています。

鈴木容疑者は容疑を認めています

また、発砲した形跡はありますが、容疑者の自宅から銃弾は見つかっておらず、また、容疑者も銃弾の発砲も否定しています。

事件の詳細はこちら▼

観賞用の銃7丁を発射できるように加工し、所持していたとして、山形県に住む55歳の男が逮捕されました。

銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、山形県に住む無職の鈴木淳一容疑者(55)です。
鈴木容疑者は今年1月、自宅で、殺傷能力のある拳銃7丁を所持していた疑いが持たれていて「観賞用として持っていた。本物に近づけたかった」と容疑を認めています。

【記者リポート】
「鈴木容疑者は観賞用の銃を購入し、その後、芯の部分に詰まっている金属を抜いて所持していたということです」

鈴木容疑者は、観賞用の銃を加工して、発砲できる状態にしていて一部の銃には殺傷能力がありました。

警察によると去年10月、拳銃を製造したとして逮捕された姫路市の男に、部品を販売したとして鈴木容疑者が浮上し、自宅を捜索したところ銃が見つかりました。

鈴木容疑者はほかにも、小銃13丁を所持した疑いが持たれていて検察が起訴するか判断することにしています。

引用:関西テレビ

自宅に殺傷能力のある銃を所持し、発砲できる状態だったというのはとても恐ろしいですね。

近所に住む方々はヒヤリとされたことでしょう。

容疑者は発砲していないと話しているようです。

被害者がいなくてよかったです。

 

なぜ銃を所持していたの?

?

鈴木容疑者は警察の調べに対し、

「観賞用として持っていた。本物に近づけたかった」

引用:関西テレビ

と供述し容疑を認めています。

銃が好きすぎたのでしょう。

確かに、偽物よりは本物の方が気分はいいでしょう。

しかし、容疑者が所持していた銃には殺傷能力があります。

また、銃刀法によって法律で禁止されています。

万が一、発砲されるようなことがあったらと考えると恐ろしいですね。

 

スポンサーリンク

 

鈴木淳一容疑者顔画像は?

ニュース

引用:関西テレビ

鈴木容疑者の顔画像は報道されていませんでした。

情報が入り次第記事を更新します。

鈴木容疑者プロフィール

名前:鈴木淳一(すずきじゅんいち)

年齢:55歳

在住:山形県山形市下条町

職業:無職

容疑:銃刀法違反

鈴木容疑者は30年来に渡る銃マニアであることが分かっています。

「銃」に対する憧れやロマンが人一倍あったのでしょう。

 

改造銃種類は?

ニュース

引用:毎日新聞

鈴木容疑者は、米国やドイツ製の拳銃と小銃計20丁を所持していました。

そのうち、14丁に殺傷能力があると鑑定されたようです。

全て軍用とみられ、怪盗ルパン三世が愛用したことでも知られる「ワルサーP38」などを所持・改造していました。

鈴木容疑者は、拳銃を1丁25万~50万円、小銃は1丁約10万円で購入していました。

無職で、この値段の銃を20丁所持できる経済力があったのか不思議です。

 

スポンサーリンク

 

鑑賞用から発砲可能にする改造術は?

秘密

鈴木容疑者は、発射できないよう「銃身」と呼ばれる、弾丸が通る穴を塞ぐ金属製の棒を外して発砲可能・殺傷能力ありの銃に改造していました。

ちなみに、この金属製の棒を詰めていれば軍用であっても「無可動銃」として所持に許可は不要だそうです。

無可動銃は、海外などで製造された銃を加工して発射できなくしたもので、国内でも販売され、合法的に購入できるようになっています。

 

ネットの反応

・絶対発泡してる。
カッとなった時使用する可能性あるので、厳しい処分を。

・本物に近づけたい意味がわからない。
本物が良いのなら、最初から本物を合法的に買えばいい。
ただ、そのような人が実銃を持つのは非常に不安なのでやめて欲しいが。。

・観賞用
鑑賞用

難しいが、触ることがあるなら鑑賞用だろうか。植物や熱帯魚のように観賞するだけじゃなくて、芸術品として鑑賞するんだろ?ガラスケースに入れてて全く触らないなら分かるが。

・事件を起こす前に逮捕できてよかった。銃なんて最初は観賞用でも そのうち誰かを撃ってみたくなるだろう

引用:ヤフーニュース

 

まとめ

以上、鈴木容疑者の顔画像や事件の詳細についてまとめてみました。

発砲事件が起きたり、被害者が出ておらず本当に良かったです。

銃身を防いだ銃が豪合法で売買されていても、今回の事件のように改造できる人もいるので気をつけなければいけませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です