土屋りさ容疑者、男関係がヤバい?旦那(夫)や彼氏は?顔画像有!仙台ネグレクト事件

ニュース

母親が、仙台市のマンション(自宅)に2歳の長女を4日間放置し、死亡させるという事件が起きました。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、土屋りさ容疑者(25)です。

土屋容疑者は、家を空けた数日間の間「仕事や、知り合いの男性の家に泊まっていた」と供述しているということです。

今回は、土屋容疑者の知人の男性や男関係、また旦那(夫)の存在などについて詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

ニュース

引用:TBSNEWS

母親が、仙台市のマンション(自宅)に2歳の長女・陽璃ちゃん(2)を6月27日~6月30日の間放置し、死亡させるという事件が起きました。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、飲食店従業員・土屋りさ容疑者(25)です。

土屋容疑者は容疑を認めており、

「育児に疲れた。1人になりたくて娘を放置した」

引用:KYODO

と話しているようです。

陽璃ちゃんの死因は低体温症で、土屋容疑者は1歳半と2歳半の幼児健診を受けさせていなかったこともわかりました。

事件の詳細はこちら▼

自宅に2歳11カ月の長女を数日間放置して低体温症で死亡させたとして、仙台北署は1日、保護責任者遺棄致死の疑いで、仙台市青葉区、飲食店従業員土屋りさ容疑者(25)を逮捕した。「育児に疲れた。1人になりたくて娘を放置した」と容疑を認めている。

逮捕容疑は長女陽璃ちゃんを自宅アパートに放置し、6月末ごろに死なせた疑い。陽璃ちゃんに目立った外傷はなく、司法解剖で死因が低体温症と分かった。

署によると、土屋容疑者は陽璃ちゃんと2人暮らし。6月27日に1人で外出したと供述。30日午前11時ごろに帰宅すると、陽璃ちゃんが呼吸をしていなかったといい、119番した。

引用:KYODO

痛ましい事件が起こってしまいました。

土屋容疑者の育児に対するストレスは限界だったのでしょう。

目立った外傷はなかったことからDVはなかったと思いますが、日頃からネグレクトだった可能性がありますね。

 

土屋容疑者には彼氏がいた?

闇

土屋容疑者は、長女を放置していた数日間、

「仕事や、知り合いの男性の家に泊まっていた」

引用:仙台放送

と話しています。

宿泊を許容するレベルの関係を持った男性ということは、この「知り合いの男性」=「彼氏」であった可能性が高いです。

また、容疑者は25歳ですから、年齢的に彼氏がいてもおかしくはありません。

この知人の男性が土屋容疑者の長女の存在を認知していたかは不明ですが、普通の考えだと、子供を放置させたまま自宅に数日間泊めるといったことはしないでしょう。

また、この男性が彼氏であった場合、土屋容疑者はこの男性に子供の存在を隠していた可能性もありますね。

ネットでは、この男性はホストではないかという意見が多く見られました。

 

スポンサーリンク

 

土屋容疑者の旦那(夫)、陽璃ちゃんの父親は?

秘密

土屋容疑者の旦那についての報道は一切ないことから、旦那の情報は調べましたが分かりませんでした。

しかし、土屋容疑者は自宅アパートに陽璃ちゃんと2人暮らしであることが分かっています。

よって現在旦那はいない=シングルマザーだったことが分かります。

土屋容疑者は陽璃ちゃんを出産後離婚、または陽璃ちゃんは結婚せずにできた子供だった可能性があります。

子育ては心身ともに非常にストレスを抱え、悩みも多く、あまりの大変さからノイローゼになり自殺してしまう母親や、育児放棄してしまう母親がたくさんいることが事実です。

だからこそ、信頼でき頼れるパートナー(夫など)の協力が必要不可欠です。

そんななか、最も手のかかる幼児期に、土屋容疑者は1人で頑張りすぎていたのかもしれません。

だからと言って、子供を家に放置するなど言語道断ですが、他に頼れる人がいればこんなことにはならなかったでしょう。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、土屋容疑者の男関係についてまとめてみました。

子供は親を選べません。

また、完璧な母親もどこにもいないはずです。

少しでもこのような痛ましい事件に、何の罪もない子供が巻き込まれてしまわないように、育児をする母親のサポート体制を今一度考える必要がありそうです。

亡くなった陽璃ちゃんのご冥福を心から祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です